昨日、今日と温かい日々が続きます。
母の調子も良く、ハンドメイド作品を造っては母に見せて
喜ぶ日々を送っています。

羊毛フェルトにすっかりはまった私は、我流ではなく
本を買ってしっかり学んでみようと本数冊と羊毛フェルトの道具など
一式そろえてみました。

”スーパーリアルな猫と犬””という きりのみりいさんの本を買って
手順を見ながら猫を造っていましたが
すごく難しくてびっくり@@

この方のペットは球を二つ作って、それを合体させてお顔を造り
肉付けしてお顔を造るというもの。

毛を植え込むのではなく、肉付けすること、細い羊毛で模様を入れることなど
で表情を出すので
数日かかってやっと猫のお顔ができました。
これに、テグスでひげをつけてあげればお顔のパーツはほぼ完成。

あとは毛を植え込む根気のいる方法で体を造り
顔と合わせて全体をカットしてまとめていくようです。

初めは「こんな猫造れるはずないやない」と言っていた母ですが
今日見せたら「かわいかねぇ。猫やないね。ネコ」と喜びます。
45

(かくれんぼしているネコちゃん。お顔だけでも難しくて長い時間が必要でした)

母は自分が子供のころ猫を飼っていたことを思い出して
そのころの猫の話を始めました。

今までと少し違う刺激が加わると、思い出すこと、話すことの
内容も変わり母には良い刺激になるのかな( *´艸`)


母の驚く顔を見たくて、、これからも暇を見つけてはコツコツと
ネコを造ろうとおもっていますが、、いつまでかかる作業だろうかと
内心わくわくと、、戸惑いもあり、

同じことばかりだと飽きるので、時々自分の好きなキャラクターぬいぐるみ
を造りながらぼちぼちやろうと思っています。
28

最近造ったヴィンテージチーキーのパンキーをイメージした子。
革のパンツを造ってはかせてみました💛
11

個人的にはぬいぐるみを沢山作ってお人形に持たせる方が楽しいです。
ネコづくりは、、修行のような気分かしら💦