今日は久しぶりの大雨。これから秋雨前線が停滞して
雨が多くなるそう・・。

雨の日って憂鬱になりますよね。
うちの場合は、犬のお散歩。
土砂降りの中、大きな傘をさしてもびしょびしょに濡れて
しまいます。

でも小さな花壇に育っている赤いバラが沢山花を付けてくれたのは雨のお蔭かも。
嫌だなぁって思うことも考え方次第で、良いことになりますよね。

ユーミンの”雨の街を”という曲が好きです。
この歌を聴くと雨が断然素敵に思えてくるから不思議です。

夜明けの雨はミルク色 静かな街に

ささやきながら降りてくる 妖精たちよ

誰か優しく私の肩を抱いてくれたら

どこまでも遠いところへ 歩いて行けそう

さて、そんな今日、海外からアンティークのボネがいくつか届きました。
以前注文した品物は結局届かず、、、紛失らしいので
新しく注文しなおしたものなのです。

昔の人の手仕事のすばらしさには驚くばかりですが
今回のボネの刺繍は、凄いの一言につきると感じています。
DSC06532

(背面に施された刺繍。まあるく頭を包み込んでくれています。)
DSC06531

(お顔側にも下すと沢山刺繍が施されています。)

大きな子用の丁寧に刺繍が施されたボネ。大切な赤ちゃんか、大きなドールの為に
一針ひと針刺繍をされたのでしょうね。
この作業にかかった時間を思うと、、気が遠くなりそう。
DSC06529

紐が無くなっていたので、手元にあったリボンを通してテート13号のエマに
被らせることにしました。
愛らしくて、とっても似合っています。ついでに少しまた、前髪も足してみたんですよ

この子はアンティークの靴を履いていたのですが、マルガ(DEP12号)に買った靴が
大きすぎたので交換して履かせることにしました。
この大きさの靴を造るには薄い革で張りのある物か、厚い革で本格的に作るしか
方法が無いので、、購入した方が早いかなって海外から靴だけ取り寄せたもの。
13センチ。大きいね!
DSC06535


小さな集合写真には載せているけど、個人的には紹介したことの無かった
ジュモー8号のリリア。くりうめさんが綺麗な子ですねと仰って下さったので
掲載してみることにしました。
DSC06539

DSC06544

大きな丸い目の丸顔。綺麗な子です。リリアにはドレスと同じグリーンのリボンが
縫い付けられたボネをプレゼント。
元々は新しい大きなボネを被せていたのですけれど、あまりに華やかで
逆にこのくらいアンティークのボネの方が似合う気がします。

今日届いた別の白いボネも被せてみました。比較的新しいビンテージ品だと思っていたので
すが、状態の良いアンティークのお品だそうです。これも可愛いですね。
DSC06545

DSC06547


随分涼しくなってきたから、大きなアンジェや12号の子達にビロードの服を着せましょう。
こうやってお着替えの季節が終わると、、すぐにクリスマスがやってきそう・・。

夏が終わるとあっという間に一年が終わるから、残りの時間を大切に楽しみたいものです。