茉莉ちゃんは不思議な女の子でした。

以前この子をお迎えしたのも、何が理由だったか分かりません。
いつもひっそりと、息を殺しているような子。

この子のお顔を見るたびに何か違和感を感じていたのですが
それが何なのか、確証を持つまで時間がかかりました。

茉莉ちゃんは済ましたお顔の美人さん。
DSC00174

ネットでこの子を見つけた時に、気にはなったけどお迎えするつもりは
全くなかった子でした。

それが何故か迎えてしまい?自分でも何故だろうと不思議だった子。

説明ではヘアラインがありますが、とてもきれいなお人形ですとのことで
ヘアラインを光に透かして見せてある写真もありました。

手元に届いた茉莉ちゃんは、お肌の綺麗なすべすべした子。
ヘアラインもほとんど分かりません。

でも何か、、なにか違うんです。

目の周りのまつ毛が薄くなっている部分があったので
「色抜けかしら?」と思いながらも、、「この時期のジュモーに色抜けがあるかな?」と
いう不思議な思いもありました。
眉毛の色も何となくジュモーのくっきりした色じゃないようだし。

そんな気がして、意を決しマジックリンで磨いてみたのですが、全く反応なし
でしたから気のせいかしら??とずっと逡巡したままでいたんです。

先日14号のアンジェ用に購入したフランスの洗礼式のドレスがアンジェに小さかった
ので茉莉ちゃんに着せてみることにしました。
茉莉ちゃんは少し嬉しそうだったけど、でも、何か違う!
DSC00267


もうこういう思いでいたくないなぁ・・・と意を決してゴシゴシマジックリンで
しつこく磨くと、ほんの少しだけざらざらとした手触りのものが
剥げてきたようでした。


「やっぱり!」
この子もしかして、お顔に何か塗られているの???

絵付けは全くのオリジナルだと一目でわかりましたから、、何のために
塗られているのか不思議だった私。


ヘアラインのある場所は首の部分で首は修理してあるのだろうと
思いましたが、お顔まで??

それから丸二日、、茉莉ちゃんのお顔との格闘が始まりました。

綺麗な子なのに、わざわざ何かをはがす必要があるのか・・・とも迷いましたが
茉莉ちゃんの表情はいつも寂し気でしたので
「えい!」って剥離剤迄買ってきての格闘です。

結果、茉莉ちゃんはお顔に厚くガラス質のコーティングがされている
ことがわかりました。

それは額から首に続く大きな割れたラインを塗って隠すために
コーティングされていたのでした。
ヘッド内部で見ると首の部分の修理が見えるのですが
ヘッドの石膏が異常に幅広くつけてあったのは傷隠しだったんです!

これじゃぁ、何かが不自然だと何となく感じた私の直観は
正しかったのだと思いました。

友達にも見せてみたのですが、不自然とか変とか感じなかったというので
この作業に至るまで長い間逡巡したものです。

剥がすという作業はとても大変で、カキーンとガラス質の物をはがすときに
お顔を壊している気がして、怖くなったこともありました。
DSC00303

この下からどんなお顔が出てくるのか、、特に厚く塗られていて
剥がすことの難しかった額周りは、、ドキドキの作業でした。

そして大きな傷が出て来た時に”やはりなぁ”と思った次第。
DSC00306

海外でお人形を購入するということは、日本と違って本当に
リスキーです。

首回りまで剥がすことができていないのですが、お顔は綺麗に
剥がせたので、生まれ変わった茉莉ちゃんのお顔を掲載しますね。

大きな傷はあるけれど、私には茉莉が嬉しそうなお顔になった気がします。
「おかあちゃま、やっと呼吸ができるようになったよ」って言っている気がします。
DSC00318

(大きな傷が隠れていた茉莉ちゃんのお顔。剥がしてよかったのかどうか・・)

確かにこれだけの数のジュモーを見ている私でも
修復されているのかわからないくらい上手なプロのお仕事でした。

そんな修復をはがして、お人形の価値はドーンと下がったのでしょうが
私には今の茉莉ちゃんがずっとかわいく見えます。

傷の目立つところだけ最低限のお修理をしてあげたらいいじゃない?
私はそう思ってしまいます。

この数日の作業を介して、茉莉ちゃんとのきずなが深くなった
気がします。今は傷があっても幸せなお顔をしているように思うんです。
DSC00322

茉莉の幸せなお顔をそのままに残して、こつこつ傷のお修理を
していこうと思っています
DSC00309