アンティークドール大好き!はみんながもうご存知のこと。

アンティークベアが好き💕きっとこれも画像見ていたらわかるかなぁ。

何で古いものが好きなのかしら?って考えるとやはり、ハンドメイドの温もりが
伝わってくるからだと思うんです。
レースや刺繍の施されたリネン類も大好き。
アンティークの家具や銀の食器やポットも大好き

好きなものが多すぎなんですが、どれもすべて、人の温もりや
職人さんの思いを感じる物ばかりなんです。

で、アンティークドールや、ベアはその、造り手の思いの上に
その子達と出会った人たちの思いが積み重なって更に魅力的な表情になるから
大好きです。

経年で劣化していく姿も、風合いとして受け入れるだけの”風格”を纏っているから
魅力的なんですよね。

最近インスタで ”オットー 戦火をくぐったテディベア”
という本を知り購入して読んでみて、更にアンティークベアが愛しくなりました。
DSC00688

(オットーの本と、アンティークベアの熊太郎と共にパチリ)

家にいるベアやワンちゃん達などのぬいぐるみさんたちは殆どが
ヴィンテージで1950年代の子達。
それでも十分に古いんですが、戦後生まれなんです。
DSC07491


DSC07976

DSC08943


1930年代以前のアンティークの子も数体いて、、この子達は戦争の
恐怖や悲しみの中、アンディーくドール以上に子供たちの近くにいたのだろうな
と、本を読んで感じました。
DSC00037

(このこたちは1930年代以前のぬいぐるみのわんこ達です)

軽いし、ビスクドールのように割れないから、抱いたまま防空壕に入った
こともあっただろうと・・。

オットーの本と共に、うちのアンティークのベアちゃん達の
いくつかをインスタにアップしてみました。
DSC00691


ファインダー越しに眺めるベアちゃん達を見て、、ああ、この子達
を沢山愛してくれた人がいて、今、私の所に来てくれたんだと
今更ながらに思いました。

一番古いベアちゃんで、おそらく(セラー曰く)アンティークのチルターンと
思われるうちのベアは、もうモヘアが抜けてしまって布のクマのように
見えるんです。

この子をもう少し暖かくしてあげたくて(毛が無くて寒そうだから?)
古いお人形のドレスを着せて、襟飾りをレース編みで編んでみました。
DSC00717


”風と共に去りぬ”の映画に出てくるマミーのような雰囲気の色黒さんなので
頭にターバンのようにリボンも巻いてみました💕

可愛いなぁ( ^ω^)・・・

自己満足なんですが、とってもかわいいなぁと思います。本人も喜んでくれていそう(笑)

最近我が家のベアちゃんは人形の3倍くらいに増えているので
保管も大変!

虫がわかないように、先日は黒のビニール袋にぬいぐるみを入れて
日中の高温の車の中に一日放置。

これが一番の虫対策らしいですよ。

人形も、ベアも愛しいなぁと可愛がってくれた人の思いが積み重なって
どんどん魅力的になっていきますよね。

次の方にお渡しするまで、私のそばにいる間に沢山の愛情を
掛けて、幸せな思い出をこの子達に残したいなぁっていつも、いつも思います。