エレファントカシマシの曲って耳にしたことはあるけれど
好んで聞いたことは無く、宮本浩次という人のことも良く知らないという
私でした。

TVドラマ ”後妻業”の主題歌で聞いたとき寂寥感のある曲が
ドラマに似合って素敵だなぁと思っていましたが宮本さんの歌だとは
知りませんでした。

好きになったきっかけはNHKで朝の番組に出ておられて
とても穏やかで謙虚な方だなぁと好感をもち、その後の歌声が素晴らしくて
驚いたことからでした。

一般の方のエレカシのイメージや、宮本浩次という人のイメージを知らなくて
最初のシャイで謙虚な人というイメージで曲を聞き出してから
ギャップがすごくて、とにかく,惹きつけられるばかりです。

冬の花は一見恋の歌ですけれど、、人間の人生が凝縮されていて
コロナ禍にある人の傷みや、必死で生きている、頑張って立ち上がろうとしている人に
エールをくれる歌だと感じます。

この歌詞はある意味、良く使われる比喩が多くて,
さだまさしさんや中島みゆきさんのようなオブラートに包まれた歌詞とは違いますが
まっすぐに心に届く

”宮本浩次”以外が歌えない歌です。

宮本浩次 冬の花より抜粋

何か悲しいね 生きているって
重ねし約束 あなたとふたり
時のまにまに たゆたいながら
涙を隠した 幸せ芝居

さらば思い出たちよ
一人歩く 摩天楼
私という名の物語は最終章

悲しくて泣いているわけじゃあない
生きているから 涙がでるの

こごえる季節に 鮮やかに咲くよ
ああ私が負けるわけがない



心を揺さぶる、魂が震える感動を与えるのは、この方の人間性とか
命がけで体全部を使ってものすごい迫力で迫ってくる歌声。

本当に歌が好きで、人が好きで、人生を愛していて・・。でも沢山の悲しみを
乗り越えてきた人の傷みを知っている心の叫びのような音楽が
私の心を捉えて離しません。

毎日、毎日、DVDやユーチューブで宮本浩次さんを見て
一日に何度も曲を聴いては”さあがんばろう”という気持ちを与えてくれます。

冬の花という歌から感じる人生の儚さ,脆さ、強さはアンティークドールや
アンティークのモノたちと被ってくるんです。


IMG_6091


とても愛おしく大切な心の中の宝物のような存在。
言葉にならない、できない思いを曲と歌声に載せて歌ってくれる
宮本浩次さん.


ああ、この人の歌と出会えて本当に良かったという思いは
学生時代以降感じたことが無かったので、あの青春時代のように
この人にハマってトキメイテいます✨(笑)

それを娘に話したら「あの、汚い人?」「お母さんが好きそうなタイプ」
と一笑されましたけどね(笑)

迫力ある、優しい歌声と不釣り合いに愛らしいお顔立ち。
TV番組ではシャイで謙虚な人柄が丸見えで落ち着かない少年のような姿が
かわいくまた素敵です。

心に届く・・まっすぐな心で寄り添ってくれる歌を歌う人
それが宮本浩次さん。

大好きな気持ちを何だか書き留めてみたくなりました。
IMG_0263


IMG_0316


上の二つ白い羊さんとインコさんは今年オーダーを受けて作った作品です。

IMG_0321

秘密基地では一昨日八朔の収穫をして。
この写真の10倍ほどの実がなっていますが一人じゃ収穫しようも無く
知り合いや近所の方に配りながらぼちぼちと減らしていくつもりです。。
今年の八朔はとても美味しくて、皮をむいてあげると母も嬉しそうに
食します。

そして、今年発買で重宝しているのがアラジンのグリルトースター💛
なかなか一人だと食事の支度もいい加減になってしまうのですが
このグリルがあれば一度に沢山の野菜とお肉を焼いて食べられるので
とても重宝しています。
IMG_0302



◆ おまけ◆
IMG_0371

IMG_0373

IMG_0375


私の作ったインコさんとお話しているリュナ💛